痩せない豚は幻想を捨てろ。

あなたに現実を叩きつけるスパルタダイエットメディア。独自の体験と科学に基づいたボディメイク論を提供します。

痩せたい奴は、幻想を捨てろ。|最強のボディメイク論

ジムに現れるモンスターに気をつけろ

f:id:nanikanokousiki:20180530213445p:plain

テキ村です

 

ジムは筋肉マンからモヤシ人間まで集まる人種のるつぼである

またその内面も様々で、筋肉も人格もイケてる紳士からシンプルな変態おじさんまでいろいろいる。

 

今日は俺がジムでみかけて印象的だったマナーもクソもないモンスター的人種を紹介しよう。

この季節、これから初めてジムに通う人も多いだろうから奴らを見かけたら心してかかってくれよな!

 

 

距離の概念ゼロ「エクストリーム体操じいさん」

 

その名の通りエクストリームな距離でエクストリームな体操をし始めるじいちゃん。

集中している時だとさほど気にならないんだけど、モチベーションが乗らない時にこのじいさんに遭遇するとメンタルをやられてジムから撤退を余儀なくされる 

 

このじいさんは、ものすごくエクストリーム。距離が。

 

とにかく超エクストリームな距離でエクストリームなエクササイズしてくる。こっちが限界重量のバーベルをもっていようとおかまいなし。

 

そのエクストリームさは尋常ではない。エクストリームのプロ。長い人生経験で培われたエクストリームは流石に目を見張るものがある

「エクストリーム」の意味は一ミリも知らないけど多分これで合ってる

 

特徴としてはなぜかじいさんが多い。エクストリームばあちゃんはあまりいない。理由は不明。

 

エクストリームじいさんが近づいてきたら危ないからダンベルなどのフリーウエイトは避けろ。じいさんだからスタミナはない。すぐにいなくなる

 

 

トレッドミルは私のステージ「シンガーソングおばさん」 

 

有酸素運動中に突如として歌いだすおばさん。結構レアだけど年に一回ほどのペースで定期的に出現する。

別にトレッドミルに限らず、ステップマシン・バイクなど有酸素運動マシンならなんでも自分のステージにする。

 

気が散るだけで実害がないのでそこまで迷惑レベルは高くはない。

でもこのシンガーソングおばさんはお前どんだけ走るんだよというくらい長時間有酸素運動をする。その間もマジで永遠に歌ってるから少しづつダメージを与えてくる。

ボクシングで言うとボディ。ポケモンでいうとまきつく。気付いた時には瀕死になってるから気をつけろ

 

歌うと有酸素運動が楽になるのかどうかは、彼女たちしか知らない。

 

とにかく音がデカイ「マシンで音ゲーおじさん」

 

かなりの頻度で見かける。このおじさんはとにかくやることなすこと音がデカイ。

マシンでもバーベルでもドッカンドッカンと音を出す。もはやマシン壊しにかかってるんじゃねえかってレベルで音を出す。

 

筋トレというより音ゲーをやってるに近い。プラスアルファで、このおじさんは声も出しがち。

 

「フンハーッ」

とジムにいる全ての人に聞こえる声量で声を出す。

 

特にバーベルでスクワットをしている時はすごい。

ジム内の人が一斉に振り向く「フンハーッ」。

 

突っ込まれるのを待ってるんじゃないかと思うくらい

「ア゛ッアアー」と叫ぶ。

 

確かに声を出すと力が入りやすいんだけど、シンプルにうるさいからやめろ

 

 

 

インターバルでもどかない「マシンでスマホいじりモヤシ」

 

これはむしろ初心者に多いのでジムのルールやマナーをまだよく知らない初心者はぜひ反面教師にしてほしい。

特にティッ〇ネスとか初心者が大集合するジムによくいる。

 

彼らは筋トレする時間よりもスマホをいじる時間の方が長い。とにかく下にうつむいてポチポチしている。

マシンでのトレーニング中、インターバル中でも占有し続ける。モヤシ体型がよくやりがち

LINEで気になる女を口説いているのだとしたらまずそのモヤシ体型をどうにかした方が速い

 

いや別にスマホをいじるのはいいんだけど、マシンに跨っていじるのはやめろという話。でもまあマシンの周りで待ってる人がいないなら座っててもいいんじゃないかな

 

基本的にはインターバル中はマシンからどけるべきだよ。(ラックやベンチの類はこの限りでない)

 

オレがこのジムを守る!「ジム奉行」

 

「ここのジムを取り締まるのはこのオレ様だッ!」

みたいな鼻息荒いジム奉行がたまにいる

 

初心者は特に奴に注意すべき。

ジム奉行はルールをまだよく知らない初心者とおぼしき格好・仕草をした人を見つけるとロックオンする習性がある。

彼らの前で少しでもルールやマナーを無視した行動をとると逮捕される。

 

ちなみに特に何もしていなくても初心者風の人に対してマシンの音や独り言で威嚇する。

ゴー〇ドジムや公営の体育館など、ガチ勢が集まるジムに出現しがち。初心者はたまったもんではない 

 

「マシンでスマホいじりモヤシ」なんぞを見つけた日には多分すごい。

会社の嫌な上司から受けたストレスを全て当たり散らすかのごとく鬼の形相で注意され、孫の代まで呪われることだろう

 

もはやジム奉行たちはジムに筋トレをしに来ていない。取り締まり活動するために日曜日をつぶしてジムに来ている。これはすごいことである

確かにルールを守らない奴を駆逐しようとするその正義の心はアッパレなんだけど、ルールやマナーに固執するあまり自分が一番迷惑になっている。こういう人はジムに限らずいろんな場面にいそう

 

マナーに過剰に反応するのもそれはそれでキモいから人の事より自分の筋トレを心配してくれ

 

ジムの迷惑モンスターまとめ

 

このように、ジムにはいろんなモンスターがいる

筋トレをするとセロトニンが分泌されて心に余裕が生まれるはずなのになぜか筋トレおじさん(おばさん)はカリカリした神経質な奴も多いから気を付けよう。

 

以上、多分今週中にジムでの初心者におすすめなマシンについての記事書きます